声優・アニメ・美少女フィギュアニュースやぁの速報ブログ-ややそニュース-

アニメ、声優、漫画、美少女フィギュアに関する2次元ニュースやネタを紹介。無料画像や動画も合わせて、"ややそ"に紹介。
声優・アニメ・美少女フィギュアニュースやぁの速報ブログ-ややそニュース- TOP  >  スポンサー広告 >  オタクニュース >  「好きなモノ」で「仕事」を選ぶのは危険!アニオタでも正社員としてアニメ関連の業界で働くのは考えモノだと思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)  このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きなモノ」で「仕事」を選ぶのは危険!アニオタでも正社員としてアニメ関連の業界で働くのは考えモノだと思う。

よく就職活動をする際に「好きなモノ」と「仕事」は別という話がありました。

これは、どの業界でもそうなのではないでしょうか。個人事業主や自分で会社を設立してやっていくのであれば、好きなものを仕事にするものアリだと思いますが、

誰かの下、会社の下でやっていくとなれば好きな業界だからこそ、逆にキツく感じることもあるだろうし、なかなか難しいと思います。

バイト程度であればいいですが、正社員とかそういうレベルの話であれば非常に厳しいと思います。

ただ、そういう題材のラノベやアニメは、なかなか面白ろそうだと思います。

どうせ働くなら、好きなものに囲まれて働きたい。その思いは、誰もが持っているものだろう。子供が好きだから保育士、お菓子が好きならパティシエ。それがオタクの場合なら、もちろんアニメショップ! オタクにとって、アニメイトやとらのあなのようにマンガからDVD、グッズに至るまで扱えるアニメショップは、まさに夢のような職場のはず。それを裏付けるように、最近アニメショップを舞台にした作品が増えているのだ。

 たとえば、10月20日に発売された『フロムエース(1)可愛すぎるクラスメイトとバイトするんだけど、何か質問ある?』(尼野ゆたか:著、瑠奈璃亜:イラスト/富士見書房)では、クラスメイトの美少女に弱みを握られた主人公が、強制的にアニメショップで働かされることになる。『となりの柏木さん』(霜月絹鯊/芳文社)の主人公もアニメショップで働いているし、『COMICポラリス』(G-mode)で連載されている『きょうあに 今日からアニメショップ店長の俺と残念な店員たち』(九尾かや/Flex Comix)の主人公は、いきなりアニメショップの店長を任されてしまうのだ。

 たしかに、アニメショップで働けば『となりの柏木さん』の主人公のように、お店で思いがけない人と出会えて友だちになれるかもしれないし、いち早く新刊情報を入手したり、商品をゲットできるのも魅力的かもしれない。でも、いざそうなるとやはり楽しいことばかりではないようだ。実際、すぐにやめてしまう人も多いらしい。

 搬入や返本作業など、思ったよりも肉体労働が多いこの仕事。見た目ではわからないが、実は体育会系の職場なのだ。精神的にもそうだが、それよりも肉体的に耐えられるかのほうが心配な人もいるかもしれない。

 また、『フロムエース』では、CDやDVDなどを担当するメディアコーナーのスタッフが「店員Tの今日のお薦め」というタイトルでお薦め商品について熱く語ったり、お店独自の特典を用意してディスプレイを設置するなど、あらゆる方法で商品をアピールしている。しかし、それだけ苦労して作ったコーナーでも全く売れ行きが伸びず、成果が見えないこともあるのだ。それに、毎日メディアやラノベ、マンガといった部門ごとに売上目標が決まっており、その目標を達成できたかどうかを次の日の朝礼で発表する。そして、もし達成出来ていない部門があれば、そこの担当者が達成できなかった理由や反省点、今後どうしていくかといった具体的な案を述べなければならない。それはたとえアルバイトでも関係ないので、仕事に対するひとりひとりの責任は重大なのだ。

 そして『きょうあに 今日からアニメショップ店長の俺と残念な店員たち』には男の娘のスタッフがいたり、朝番に遅れてくる人や販促用のコスプレに力を入れすぎて大量に経費を使ったりしてしまうスタッフが登場。中でも問題児なのが、そのアニメショップの会長の孫である凛。充郎は、いつも「働きたくない」と言って何かあるとすぐサボろうとする彼をなんとかして働かせなくてはならなくなり、朝から起こしに行って服を着させ、面倒を見るはめになる。ここまで手のかかるスタッフはさすがに雇われないだろうが、コミュニケーションが苦手なオタクスタッフがいる可能性は十分にありえる。長く続けていくには、そんなスタッフとうまくやっていけるかも重要なポイントだろう。

 好きなだけでは続けていくのが難しい仕事だが、自分がおすすめした商品が売れたり、買い物をするお客さんが本当に嬉しそうに商品を買っていく様子や笑顔を見れば、やりがいも出てくる。ただ単に自分が好きというだけでなく、お客さんやスタッフと“好き”を共有できるようになれば楽しみも増えるはずだ。そうやって、仕事をする中で新たな楽しみや喜びを見つけられる職場なら、いつまでだって続けていけるのでは?

(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121105-00001139-davinci-ent





 [ 2012年11月05日 20:28 ] カテゴリ:オタクニュース | TB(0) | CM(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ややそ

Author:ややそ
ややそ!
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。