声優・アニメ・美少女フィギュアニュースやぁの速報ブログ-ややそニュース-

アニメ、声優、漫画、美少女フィギュアに関する2次元ニュースやネタを紹介。無料画像や動画も合わせて、"ややそ"に紹介。
声優・アニメ・美少女フィギュアニュースやぁの速報ブログ-ややそニュース- TOP  >  黒執事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)  このエントリーをはてなブックマークに追加

【黒執事】 枢やな原作の黒執事が水嶋ヒロ主演で実写映画化! 水嶋ヒロ=執事のイメージになってきた

水嶋ヒロが主演を演じなければ、この映画化はなかったのか。

それだったら水嶋ヒロ復帰もいいけど、コレ単発で終わるのか、それとも本格的に復活するのかどうなんだろう~

ただ、ドラマ「メイちゃんの執事」見て思ったけど、執事役がピッタリな気がするわ。配役としては流石に原作者が求めているだけあってピッタリ!

同じ執事でもハヤテのごとく!のハヤテは似合わないけどね。。。




俳優の水嶋ヒロ(28)が、年内公開予定の映画「黒執事」に主演し、3年ぶりに俳優復帰することが8日、分かった。2010年の主演映画「BECK」以来となる。同作は人気コミックが原作で、水嶋は正体が悪魔の執事セバスチャンを演じる。小説執筆や雑誌編集長などマルチに活動してきたが、スタッフからの1年半に及ぶ熱烈なラブコールに応え、銀幕に戻る決断をした。

 水嶋ヒロが、悪魔の執事役でスクリーンに戻ってくる。

 「黒執事」は、マンガ家・枢(とぼそ)やな氏が06年から「月刊Gファンタジー」で連載し、累計発行部数1400万部を超え、海外でも40カ国以上で発行される人気コミックが原作。映画化に際しては、枢氏が「水嶋が主人公を演じるなら」という条件で許諾した。

 そこで松橋真三プロデューサーが、オファーした2011年から1年半かけて、水嶋を口説き落とした。何度も水嶋のもとへ足を運び、「主人公が持つ美ぼう、知性、色気を表現できる日本人は水嶋さんしかいない」と熱意を伝え、昨年10月にようやく出演の承諾を得たという。

 水嶋は09年2月に歌手の絢香と結婚。10年9月に大手芸能プロダクション「研音」を退社。その後は、絢香のバセドー病治療を支えながら、同年10月には本名の齋藤智裕名義で執筆した処女小説「KAGEROU」がポプラ社小説大賞を受賞。雑誌の編集長も務めるなどマルチに活躍してきたが、俳優業は「BECK」公開以降、3年間休止していた。

 自身の映画復帰の決断について水嶋は「驚いている気持ちもあるが、本当に良い作品と出会うことで、ここまで気持ちが動くものなのか、自分の新たな一面を見つめているような状況」とコメント。4月のクランクインを前に、「長く離れていたので不安」と正直に吐露しつつ、体重を落としアクションの練習をする毎日という。

 今後については、「たった一度の人生なので、気の済むまで興味のわいたものから順にチャレンジしていきたい」と意欲を見せる。悪魔という新境地からさらなる飛躍を誓っている。

デイリースポーツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000000-dal-ent



スポンサーサイト
 [ 2013年01月09日 08:38 ] カテゴリ:黒執事 | TB(0) | CM(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

ややそ

Author:ややそ
ややそ!
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。