声優・アニメ・美少女フィギュアニュースやぁの速報ブログ-ややそニュース-

アニメ、声優、漫画、美少女フィギュアに関する2次元ニュースやネタを紹介。無料画像や動画も合わせて、"ややそ"に紹介。
声優・アニメ・美少女フィギュアニュースやぁの速報ブログ-ややそニュース- TOP  >  アニメコラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)  このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメメガネ男性キャラと言えば誰? 知的キャラからダメキャラまで

“メガネ”と言えば、キャラを引き立たせる上でかかせないアイテム!

1作品に一人は欲しいメガネキャラ!今回は男性のメガネキャラと言えば誰か?


ネットで調べてみると、時期によってだいぶ変わってくる模様。

なので、最新を取り入れつつも昔から根強いメガネキャラも挙げていくと、


・奥村雪男(青の祓魔師)
・バーナビー・ブルックスJr.(TIGER&BUNNY)
・志村新八(銀魂)
・手塚国光(テニスの王子様)
・江戸川コナン(名探偵コナン)
・木暮公延(スラムダンク)
・野比のび太(ドラえもん)


あたりが有力です。


管理人的にはメガネキャラと言えばやっぱりあだ名が「メガネ君」のスラムダンクの小暮ですかね。



スポンサーサイト
 [ 2012年12月27日 14:39 ] カテゴリ:アニメコラム | TB(0) | CM(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョジョの【ザ・ワールド】がもしも使えたらアレがしたいな。。。

ジョジョのスタンドの技でも人気が高いのが時を止める・時間停止能力「ザ・ワールド」だと思います。


もしもスタンド使いになりザ・ワールドを使えるとしたら。あなたは何がしたいですか?


多種多様な使い方があると思いますが、私が一番したいことは、プロのスポーツ選手の中で時を止めまくって活躍したいですね!(活躍っていうのかはわからないけど。。。)


一応、時が止まってることは周りの人たちはわかってる状態で考えてます。(世の中全員スタンド使いということで。)


周りの人たちが止まっている間の事がわからない状態だと、正直何でもアリなので、とても言えるようなことではないですね。(いろいろな意味で。)


周りの人たちにも止まってるのがわかる状態でなければ、危なすぎる技なので、こんな感じかな。


あとは、ウンコを踏みそうになった時やモノを落としそうになった時とかに使いたいな。



 [ 2012年12月23日 07:52 ] カテゴリ:アニメコラム | TB(0) | CM(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加

20年後はオタクが正常な人、オタクじゃない人が異常な人になる世界になるのか・・・

下記の記事を見て思ったのですが、確かにアニメ系のオタク化は完全に進んでる気がします。

中高生には特に広まっているイメージで、それも男子だけではなく女子にも広がってる気がします。

大人の世界では、まだまだオタクと言うと、引く人が多い時代ではありますが、若者にオタクが広がっていくと、オタクのまま大人になっていくので、感染率は非常に上がっていきます。

日本人は周りに合わせていく事が大事!なので、オタクが増えれば自ずとそちらに向かうしか生きる道はありません!

イジメ回避も結局周りに合わせていく事が必須条件ですからね。

20年後にはオタクが一般ピーポーで、非オタクがイジメの対象にされてしまう世の中になっているかもしれません。

ネット、オンライン世界が更に加速しているだろうし、日本はどうなってるんでしょうね。


ちなみに記事の事に関して言うと、自分のオタクになったきっかけはおそらくエヴァだと思います。ただ、いつからオタクになったかはわかりません。オタクっていつの間にかなってるからわからん!

かつて「暗い」「キモい」「ダサい」などネガティブな意味合いで使われることが多かった「オタク」という言葉が、最近ではポジティブな意味合いでも使われることが多くなり、オタクを自称する人も増えてきている。

そこで、ダ・ヴィンチ電子ナビでは「オタクになったきっかけ」をテーマに、小説、漫画、アニメ、ゲームなど、自分は何からオタクに目覚めてしまったのかツイートしてもらい、参加者同士で語り合うイベント「Twitter読書会」を開催。3000人を越える参加者が集まり、自身がオタクに目覚めるきっかけとなった作品名やエピソードで、タイムラインは埋めつくされた。

読書会では、『カードキャプターさくら』『エヴァンゲリオン』『ガンダム』『スレイヤーズ』『涼宮ハルヒの憂鬱』といった定番中の定番作品も多く寄せられたが、今回寄せられたツイートのひとつひとつを追っていくと、予想外の面白い傾向があることに気づいた。あげられた作品に、『けいおん!』『らき☆すた』『ニコニコ動画』『ボーカロイド(初音ミク)』といった、ここ4~5年で話題となったものが多く集まったのだ。

そうした人たちのツイート内容を詳しく見てみると、

 「中学からネットをきっかけにハマった」
 「高校に入ってから深夜アニメを見て」

といった趣旨の内容が多く、中高生を中心にした若い層の参加者が目立った。

さらに興味深かったのは、「親から」や「兄弟の布教で」といったきっかけも数多く集まったこと。つまり、すでにオタクである両親や兄弟による「布教」がごく自然に行われる世代が増えているということだ。また、「友達から勧められたアニメをみた」や「クラスメートの話題になっていたから」と、オタク文化を共有して交流を深めていると思われるつぶやきも散見された。オタク文化がクラスの話題のひとつとして自然に溶け込んでいるということだろうか。こういった傾向は、TwitterなどSNSの登場によって加速した感もある。

もちろん、オタクになるということそれ自体に疑問を投げかけるツイートも多く寄せられ、

 「オタクなんて生まれつきなるものなのじゃないか」
 「気がついたらオタクになっているものだ」
 「そもそもオタクって自称するものだっけ?」

と、オタクという概念をめぐってそれぞれの議論が交わされていた。果たして、今回顕著にあらわれたこのような若い世代のオタク観はこれからのスタンダードとなっていくのか? あるいは、もうなってしまっているのだろうか?

以下は、Twitter読書会で語られたキーワードを集計したもの。あなたの「オタクになったきっかけ」とぜひ比べてみてほしい。

◆いつなった?
1位 小学生(77件)
2位 中学生(50件)
3位 気づいたら(35件)
4位 幼稚園(23件)
5位 高校生(15件)      

◆なにで?
1位 アニメ(366件)
2位 漫画(132件)
3位 ゲーム(89件)
4位 ニコニコ動画(74件)
5位 ラノベ(42件)
 
◆誰からの影響?
1位 友人(138件)
2位 親(117件)
3位 兄姉(80件)
4位 弟妹(20件)
5位 彼女(5件)        

◆きっかけとなった作品は?
1位 涼宮ハルヒシリーズ(153件)
2位 ガンダムシリーズ(146件)
3位 エヴァンゲリオン(111件)
4位 カードキャプターさくら(103件)
5位 ポケットモンスター(60件)

ダ・ヴィンチ電子ナビ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121110-00001169-davinci-ent





 [ 2012年11月13日 21:30 ] カテゴリ:アニメコラム | TB(0) | CM(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

ややそ

Author:ややそ
ややそ!
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。